自分が子供の頃、ファミコン、任天堂64など多くのテレビゲームが流行りました。

今のテレビゲームほど複雑ではなっかったものの、シンプルで楽しかったイメージがあります。

定番ソフトのテトリスやぷよぷよ、マリオカートなど今でも楽しまれているソフトが昔からありいました。

やはり、人気のソフトは対戦するソフトが多いのでしょうか?よく友人と徹夜で熱中しましたが、朝になってもまだ飽きないみたいなかんじでした。

今は任天堂のWiiやプレステーションなどが人気でしょうか。

本体が新しくなって機能が増えましたが、その機能を使いこなしている子供は昔の子供より賢い大人になるのでしょうか・・・。

将来が楽しみです。

昔は遊ぶときは外にでて野球をしたりサッカーをして楽しんでたものでしたが、今の子供たちは外にいてもゲーム機で遊んでいます。少しがっかりします。

日本だけではなく中国でもオンラインゲームが流行っているということです。美少女ゲームや相手を殺してしまうゲームの人気がすごいようです。

実際、ゲームは良くない影響をもたらしています。格闘技のゲームの中で何人も殺しているので本物の人間を殺しても何も感じない犯罪者もいたようです。

もちろん良くない影響だけではありません。楽しいゲームもたくさんあるわけですから、そのようなゲームを探してあげるのが良いかもしれません。

スポーツのゲームをして家族の絆を強めることができるかもしれませんし、ゲームの中で勉強をできるかもしれません。

子供が一人でもゲームがあれば寂しくないという考えよりも家族で楽しむためにゲームを使うのはいかがでしょうか?

そういった点で任天堂のWiiはすごく高評価だと思います。まさに家族で楽しむゲームと言えるのではないでしょうか?